PR
スポンサーリンク

骨伝導イヤホンの危険性。三半規管の影響、めまい、酔う、吐き気、気持ち悪くなる等健康被害のデメリットはあるか解説!

豆知識
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

骨伝導イヤホンは、従来のイヤホンとは異なる音響技術を用いているため、通常のイヤホンとは異なるデメリットや危険性があるともいわれています。

危険性やデメリット

・三半規管に影響を与えてめまいや吐き気を引き起こす可能性があるともいわれています。

・骨伝導イヤホンは通常のイヤホンよりも音が漏れやすいため、周囲の人に迷惑をかけることもあります。

こちらは軽いと評判の骨伝導イヤホンです。

以下「口コミを見る」から実際に使用した方の感想を見る事ができますよ。

Amazonや楽天からもお買い物が楽しめます。

この記事では、骨伝導イヤホンのデメリットや危険性について解説し、健康被害や音漏れに関する情報も提供します。

スポンサーリンク

骨伝導イヤホンは三半規管に影響ありで、めまい、酔う吐き気、気持ち悪くなる、頭痛等健康被害はあるか解説

最初に、実際に使用した方の口コミ・評判をご紹介します。

骨伝導イヤホンの口コミ・評判

上記の一部の口コミでは、骨伝導イヤホンによる健康被害として、三半規管に影響を与え、めまいや頭痛、吐き気などの症状が出ている方もいます。

ただ、口コミをみると「耳をふさがないので良い」という意見も多いです。

三半規管は、内耳にある平衡感覚を司る器官で、身体の動きに対して反応し、身体のバランスを保つ重要な役割を果たしています。

骨伝導イヤホンは、音を骨を介して伝えるため、通常のイヤホンと比較して、頭部の振動が強く、三半規管に刺激を与える可能性があります。

また、骨伝導イヤホンを長時間使用した場合にも、三半規管に刺激を与え、めまいや吐き気などの症状が発生することがあるとされています。

そのため、骨伝導イヤホンを使用する場合には、適切な音量で使用し、長時間使用しないようにすることが大切です。

もし、使用して合わないと思ったら、すぐに使用を中止する事をおすすめします。

以上のように、骨伝導イヤホンによる健康被害の可能性があり、特に三半規管に影響を与え、めまいや酔って吐き気などの症状が発生することがあるため、使用には十分な注意が必要であり、耳鼻科の医師に相談することが大切です。

こちらの骨伝導イヤホンは【2023新登場で、わずか23gの超軽量骨伝導イヤホンです!耳を塞がず、圧迫感なし。音楽を安全・快適に楽しむ新感覚

骨伝導ワイヤレスイヤホンの危険性とデメリット

骨伝導ワイヤレスイヤホンは、一般的なイヤホンとは異なり、音を聴く方法が骨伝導であるため、音が直接耳に入るのではなく、顎骨や頭蓋骨を振動させて音を伝える仕組みになっています。

そのため、骨伝導ワイヤレスイヤホンには以下のようなデメリットや危険性が考えられます。

音質の低下

骨伝導ワイヤレスイヤホンは、音を顎骨を通して伝えるため、一般的なイヤホンと比べて音質が低下することがあります。

特に低音の再現力に難があることが多く、高音域が強調されることがあるため、好みに合わない場合もあります。

音漏れが多い

骨伝導ワイヤレスイヤホンは、イヤホンのように耳栓部分があるわけではないため、音漏れが起こりやすいという欠点があります。

周りの音が入り込みやすいため、騒音の多い場所では、音声の聞き取りが困難になることがあります。

使用による体調不良

骨伝導ワイヤレスイヤホンは、頭部に直接装着するため、長時間使用すると疲れや頭痛などの症状が現れることがあります。

特に、装着部分が小さいため、耳の形に合わせて調整する必要があるため、装着感が悪くなる場合があります。

長時間使用することで、装着部分や骨伝導スピーカー部分が皮膚に圧迫されることによって、擦過傷や圧迫傷を引き起こすことがあります。

特に、耳の後ろの骨が出っ張っている人や、耳下腺が腫れている人は、皮膚トラブルのリスクが高くなります。

以上のように、骨伝導ワイヤレスイヤホンにはデメリットや危険性があります。

使用する際には、適切な装着方法や使用時間、場所の選択に注意することが大切です。

骨伝導イヤホンのメリット

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

骨伝導イヤホンには以下のようなメリットがあります。

  1. 耳を塞がずに音楽や通話が楽しめる
    骨伝導イヤホンは、通常のイヤホンと違い、耳に直接装着するのではなく、骨を介して音を伝えます。

    そのため、耳を塞がずに周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめます。

    特に、ランニングやサイクリングなど、周囲の音を聞きながら安全に運動をすることが必要な場合には、非常に便利です。
  2. 耳の形や聴力によらず音が聞こえる
    通常のイヤホンは、耳の形や聴力によって音質が変わることがありますが、骨伝導イヤホンは骨を介して音を伝えるため、耳の形や聴力に影響されず、比較的一定の音質で音が聞こえます。

    また、一部の聴覚障害のある人にとっては、聞こえる音が変わることで聴力に適した音量で音楽や通話が楽しめる場合があります。
  3. ッドフォンと比較して外部からの音が聞こえる
    骨伝導イヤホンは、ヘッドフォンと比較して、外部からの音が聞こえやすいです。

    例えば、電車の車内で骨伝導イヤホンを使用している場合でも、アナウンスや周囲の音を聞き逃すことがなく、安全性が高まります。
  4. 長時間使用しても耳の疲れが少ない
    通常のイヤホンは、耳に直接装着するため、長時間使用すると耳の疲れや痛みが生じることがあります。

    しかし、骨伝導イヤホンは、耳に直接装着しないため、長時間使用しても耳の疲れが少なく、快適に使用できます。

以上のように、骨伝導イヤホンには様々なメリットがあります。

特に、周囲の音を聞きながら音楽や通話が楽しめる点や、安全性が高い点は、多くの人にとって魅力的な機能となっています。

こつでんどうホン イヤホンおすすめ

骨伝導イヤホンのおすすめについては、個人の好みや使用目的によって異なりますが、以下のようなおすすめの商品があります。

2023年業界初 イヤーカフ型 イヤホン

新時代のイヤホン、OpenWearableStereo(OWS)が登場!従来のイヤホンの痛みや不快感を解消し、耳介に挟むだけで楽しめる革命的なデザインです。

音楽を「聴き」ながら周りの音も「聞く」新しいスタイルを提案。超軽量で長時間の使用も快適、そして音質も抜群。

Bluetooth 5.3チップで安定接続、LEDディスプレイでバッテリー残量も一目瞭然。防水性能でスポーツ時も安心。そして、日本で10万台以上の販売実績!OWSイヤホンで、新しい音楽体験を。

以下「口コミを見る」から実際に使用した方の感想を見れます。

Aftershokz Aeropex

骨伝導イヤホンの中でも最新のモデルで、高音質かつ快適な装着感が特徴です。

Aftershokz Trekz Air

この特許取得済みの骨伝導イヤホンは、音楽と周囲の環境を同時に体験できる革新的なオープンイヤーデザインを採用。

軽量で柔軟なチタンフレームは快適な装着感を提供し、多機能ボタンで操作も簡単。IP55認証の耐汗性能と6時間のバッテリー寿命で、あらゆるシーンで活躍します。

Pyle PSWBT550

Bluetooth骨伝導イヤホンは、スポーツやアウトドア活動に最適な選択肢です。

最大動作距離35フィートという広範囲な接続範囲、耳を覆わない安全な設計、人間工学に基づく快適なフィット感、そして便利なサイドパネルボタンコントロールなど、このイヤホンはユーザーのライフスタイルに合わせて設計されています。

また、200mAhの充電式バッテリーは長時間の使用を可能にし、調節可能なイヤーピースストラップは大人から子供まで、あらゆるユーザーに適応します。Bluetooth骨伝導イヤホンは、音楽と環境を同時に体験する新しい方法を提供します。

骨伝導イヤホンは体に悪いか解説

骨伝導イヤホンには、通常のイヤホンとは異なる音の伝達方法があるため、健康被害の可能性があるという指摘があります。以下に、骨伝導イヤホンによる健康被害の可能性について解説します。

  1. 頭部への熱の影響
    骨伝導イヤホンは、音を骨を介して伝えるため、通常のイヤホンと比較して、耳周りや頭部に熱がたまりやすいという指摘があります。

    しかし、実際には、骨伝導イヤホンの出力は低いため、頭部への熱の影響は少ないとされています。
  2. 耳の健康に影響を与える可能性
    骨伝導イヤホンは、耳に直接装着する通常のイヤホンとは異なり、骨を介して音を伝えるため、耳の健康に影響を与える可能性があります。

    ただし、骨伝導イヤホンの出力は通常のイヤホンと比較して低く、骨を介して音を伝えるため、通常のイヤホンよりも耳に負担をかけることが少ないとされています。
  3. 音量の問題
    骨伝導イヤホンは周囲の音を聞きながら音楽や通話が楽しめるというメリットがありますが、音量が大きすぎると、聴力に影響を与える可能性があります。

    そのため、適切な音量で使用することが重要です。
  4. 装着の問題
    骨伝導イヤホンは、耳に直接装着する通常のイヤホンとは異なり、骨を介して音を伝えるため、正しく装着しないと音質や音量に影響を与える可能性があります。

    また、長時間使用する場合には、頭痛や首の疲れなどの問題が生じることがあります。

以上のように、骨伝導イヤホンによる健康被害の可能性はあるものの、実際には、出力が低く、耳に負担をかけることが少ないため、通常のイヤホンより優れていると言えます。

骨伝導イヤホンの音漏れはどれくらい?電車ではうるさいかも解説

骨伝導イヤホンは、通常のイヤホンとは異なり、外部から音を遮断する構造ではありません。つまり、音漏れが発生する場合があります。

骨伝導イヤホンは、スピーカーを頬骨に当てることで音を伝えるため、スピーカーと頬骨の接触部分が音を拾うため、外部に音が漏れる場合があります。

また、周囲の音が聞こえることもあります。

特に音量を上げて使用する場合、骨伝導イヤホンから音漏れする音が周囲に響き渡り、周りの人に迷惑をかける可能性があります。

さらに、騒音の多い場所では、骨伝導イヤホンの音量を上げる必要があるため、音漏れが発生する可能性が高くなります。

したがって、電車などの混雑した場所で使用する場合は、音量に注意し、周囲に迷惑をかけないようにすることが大切です。

骨伝導イヤホンの音漏れ対策

骨伝導イヤホンの音漏れを防ぐ方法としては、以下のようなものがあります。

  1. 音量を下げる
    骨伝導イヤホンの音量を適切に設定し、周囲に迷惑をかけないようにすることが重要です。

    周囲の音が聞こえるため、通常のイヤホンよりも低めの音量でも十分聞こえます。
  2. イヤーピースをしっかりと装着する
    骨伝導イヤホンには、イヤーピースが装着されています。

    イヤーピースをしっかりと装着することで、音漏れを減らすことができます。
    また、適切なサイズのイヤーピースを選ぶことも大切です。
  3. 音楽を聞く場所を選ぶ
    騒音の多い場所では、骨伝導イヤホンの音量を上げる必要があるため、音漏れが発生する可能性が高くなります。

    静かな場所での使用を心がけることで、周囲に迷惑をかけることを避けることができます。
  4. 骨伝導イヤホンの位置を調整する
    骨伝導イヤホンの位置を調整することで、音漏れを減らすことができます。

    イヤーピースが正しく装着されていることを確認し、スピーカーと頬骨の接触部分を調整してみてください。

以上のように、骨伝導イヤホンの音漏れを防ぐ方法はいくつかあります。使用環境に合わせて適切な対策を行い、周囲に迷惑をかけないように使用することが大切です。

骨伝導イヤホンは難聴や老人性難聴の人には良くないか解説

骨伝導イヤホンは、一般的なイヤホンと異なり、骨を介して音を伝えるため、耳介や耳道を圧迫することなく、音を伝えることができます。

そのため、耳の病気や障害がある場合でも、聞こえ方に変化がないため、特に難聴や老人性難聴の人にも利用されることがあります。

しかし、骨伝導イヤホンが全ての難聴や老人性難聴の人に適しているわけではありません。

例えば、内耳や聴神経に障害がある場合には、音を骨から伝えても、聞こえ方に変化がないため、効果が得られない場合があります。

また、骨伝導イヤホンを長時間使用する場合には、耳介や骨に圧迫がかかり、皮膚炎等の原因となることがあります。

他にも、骨伝導イヤホンを頭部に装着するため、装着部分が強く締め付けられることで、頭痛や不快感などの症状が出る場合があります。

以上のように、骨伝導イヤホンは、耳の病気や障害がある場合でも、聞こえ方に変化がないため、利用されることがありますが、全ての難聴や老人性難聴の人に適しているわけではありません。

耳の病気や障害がある場合には、耳鼻科の医師に相談し、適切な使用方法を確認することが大切です。

まとめ

本記事では、骨伝導イヤホンの危険性やデメリットについて解説しました。

三半規管に影響を与えることでめまいや吐き気を引き起こす可能性があることや、高音量での使用による聴力障害や頭痛、長時間使用による耳痛などの健康被害についても触れました。

また、骨伝導イヤホンは音漏れが比較的多いため、公共の場での使用には注意が必要です。

しかし、骨伝導イヤホンには聴力障害や耳の痛みを抑える効果があることも確認されており、適切な使用方法で利用することで快適な音楽体験を得ることができます。

そのため、骨伝導イヤホンを利用する際は、安全かつ快適な使用法を意識することが大切です。

コメント