スポンサーリンク

UGG(アグ)のスニーカーの年齢層。40代のおばさんは痛い?評判はダサい?メンズやレディースの人気商品に加えサイズ感を紹介!

ファッション属性
スポンサーリンク

アメリカの西海岸で生まれた「UGG」は2000年代にブーツで一躍有名になったブランドです。

今では、ブーツのみではなく、アパレルや小物まで様々なラインが登場していますが、スニーカーラインもあります。

そんな「UGG」(アグ)のスニーカーですが、どの年齢層までが履いていて恥ずかしくないのか気になるところですよね?

結論から言うと、アグのスニーカーは幅広い層に支持されており、20代~50代の方まで幅広く愛用しています。

Amazonでスニーカーランキングを見てみる>>>

楽天でUGGのスニーカーを見てみる>>

この記事では、40代のおばさんには実際には痛いのか、評判の中でダサいとの声はあるのか、人気商品やサイズ感もご紹介するので参考にしてみください。

スポンサーリンク

UGGのスニーカーの年齢層。40代や30代のおばさんは痛いか解説!

ここからはUGGのスニーカーの年齢層や40代や30代のおばさんには痛いのか解説します。

UGGのスニーカーの年齢層ですが、冒頭でも少し触れたように、若い世代だけではなく、30代、40代の女性にも人気があります。

デザインとして、厚底のものが多いので、30代、40代でのコーディネートでは痛いのかなと思いがちですが、「履き心地の良さ」と「高いデザイン性」が支持されています。

UGG独自のソールが軽量性や、耐久性、持久性などを兼ね備えており、見た目よりも軽く履き心地がいいのです。

30代、40代女性のトータルコーディネートの記事などにも紹介されていますし、オススメの中でもUGGのスニーカーは登場します。

人と被らないというところも幅広い層から支持されている点です。

UGGのスニーカーの評判はダサい

ここからはUGGのスニーカーの評判をご紹介します。

ネット上の口コミを私の言葉でまとめたので、参考にしてください。

悪い口コミ

・少し小さめの作られているのか、いつものサイズ感で選ぶと小さくて履きづらい
・履き口が狭い

良い口コミ

・軽くて歩きやすい
・デザインが可愛い
・履いているときのクッション性が良い

「履き口の狭さ」や「サイズ感が小さい」とのマイナス評価がありましたが、ダサいとの声は見られませんでした。

靴底のクッション性が好評で、デザインも可愛いとのことです。

ダサいとの評判はないので、サイズ感にさえ気をつければ、可愛い素敵なスニーカーが手に入りますね。

UGGのスニーカーのメンズやレディースの人気商品をご紹介

ここからはUGGのスニーカーのメンズ、レディースの人気商品をご紹介します。

メンズ

上質なヌバックレザーを使用しており、ハンドメイドで作られています。

インソールが工夫されており、履き心地がとてもよく、素足でも履けてしまうほどです。

クリーンなラインと高級感のレザー、黒色のシンプルなデザインが人気です。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

レディース

「スニーカーブーツ Marin Slip On レディース」をオススメします。

キャンバスとスエードで作られたスリッポンタイプのスニーカーです。

軽量で優れたグリップ力のボリュームソールも特徴で、インパクトのあるデザインがコーディネートを一層おしゃれにしてくれます。

履き心地が良く、長時間履いていても疲れない点も人気の要因の1つです。

現在Amzonでは、UGGの人気スニーカーランキングを見ることができますよ♪

Amazonでスニーカーランキングを見てみる>>>

UGGのスニーカーの洗い方を解説

ここからはUGGのスニーカーの洗い方を解説します。お手入れ時の参考にしてみてください。

使用するのはスニーカーラバーなら愛用者が多い、「ジェイソンマーク」と汚れがよく落ちると言わている「ウタマロ」、そして「オキシクリーン」なども使えます。

「ジェイソンマーク」はキャンパス、スエード、ヌバック、レザーなど様々な素材に対応できているので、色々な素材で作られているUGGのスニーカーも幅広く使用できます。

洗う時はぬるま湯を用意して、そこに洗剤を投入します。

スニーカーは水に弱いので、ブラシに洗剤をちょんちょんとつけて洗うようにしましょう。

じゃぶじゃぶ洗いは禁物です。

「ウタマロ」はアウトソールを洗うのに優れており、「オキシクリーン」は紐の汚れ落としに使えます。

最後に自然乾燥してスニーカー洗いが終了です。

スニーカーの洗う場所によって、使用する洗剤が異なるので少し手間がかかりますが、少しの手間をかけてきれいにし、長く履けるようにお手入れをしたいですね。

UGGのスニーカーのサイズ感(サイズ選び)を解説

ここからはUGGのスニーカーのサイズ感(サイズ選び)を解説します。

UGGのシューズはスニーカーを問わず、0~1.0センチほど小さめにできているので、普段と同じサイズを選ぶと足の入れ口がきついなと感じることが多いです。

レビューでもたくさん見られた点ですね。

しかし、UGGのスニーカーはアッパーがレザーでできているものなどもあり、履いていくうちに伸びていくという点もあります。

口コミに購入したらサイズが小さくて他の人にあげたなんてものもあるので、足が幅広な方や甲高の人は+1.0センチ、そうではない方は+0.5センチもしくはジャストサイズを選んで購入してみましょう。

まとめ

・UGGのスニーカーの支持は20代~40代までと幅広くたくさんの世代に愛用されている

30代や40代の世代でもファッションとして楽しむことができ、履きやすさと高いデザイン性、他のスニーカーブランドと被りにくいという点も魅力

・UGGのスニーカーの評判にダサいという声はなく、「履き口が狭い」や「小さめでサイズ感が合わなかった」などの声が不評な点だった

デザインに関しては可愛いと評判で、サイズ感にさえ気を付ければ、想像通りの可愛いスニーカーが手に入る

・UGGのスニーカーでメンズは「UGG アグ スニーカー ピスモ メンズ ブラック」を、レディースのスニーカーでは「スニーカーブーツ Marin Slip On レディース」を人気の商品として紹介

レディーススニーカーはAmazonで人気ランキングが見れるようになっている

・UGGのスニーカーはアッパーの素材がいろいろな素材を使用しているので、スニーカーラバー

愛用の「ジェイソンマーク」で洗うといい

靴ひもは「オキシクリーン」、靴底は「ウタマロ」を使用するときれいに洗える

・UGGのスニーカーは履いていくと皮やレザーが伸びていくのを前提に小さめにできているので、靴を選ぶときは+0.0~+1.0で選ぶといい

UGGのスニーカーは幅広い年齢層に支持されており、30代、40代でもファッションとして取り入れることができると分かりました。

デザインも可愛いと評判ですが、購入するときはサイズ感に少し気を付けなくてはいけません。

お手入れ方法、サイズの選び方も解説したので、購入時、そしてまたお手入れ時も参考にしていただけると嬉しいです。

AmazonでUGGのスニーカーランキングを見てみる>>>

楽天でUGGのスニーカーを見てみる>>

【あわせて読みたい】

UGGのブーツについてはこちら>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました