PR
スポンサーリンク

エッセンシャルズを着てる人の年齢層は30代40代50代?流行りはいつまでか解説!

ファッション属性
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

アパレルで人気のブランド「FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)」のディフュージョンラインとして展開した「ESSENTIALS(エッセンシャルズ)」。

ロゴがバーンとついている服が多いので、年齢層が気になるところですね。

エッセンシャルズの年齢層は30代から50代の方に支持されていて、メンズだと特に30代の購入者が多いです。

ここからは、エッセンシャルズの年齢層の詳細に加え、服のサイズ感、偽物の見分け方、取り扱い店舗についても紹介していきます。

ご自身のファッションにエッセンシャルズを取り入れたいと思っている人は、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

エッセンシャルズを着てる人の年齢層。30代40代50代か解説

エッセンシャルズは見た目が若い印象なので、10~20代ぐらいと思いますが、実際に通販サイトの口コミを見ると30代以上の方が圧倒的に多いです。

メンズだと30代、50代、40代、20代の順で人気がありました。

レディースだと50代、30代、20代、40代の順で多かったですが、10~40代の割合はほぼ変わりませんでした。

パーカー1枚の値段も16,000円程するので、あまり10代よりも30代以上の方に購入者が多いのも納得です。

エッセンシャルズの流行りはいつまでか解説

エッセンシャルズは名前の通り「欠かせない」「必須」などの意味を持つ様に、シンプルで使いやすいベーシックな定番の服がコンセプトになっているブランドです。

エッセンシャルズはジャスティン・ビーバーが愛用している事もあり、若者から人気が出たのがきっかけで流行りました。

エッセンシャルズはシンプルなベーシックな服が多いので、現在でも使いやすいブランドです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場はこちら
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングはこちら

エッセンシャルズに偽物は多い?偽物の見分け方も解説

偽物の見分け方は残念ながら単体ではわかりかねるんですが、偽物は非常に多く出回っているんです。

見分け方としては、本物を持っている人で、購入した時についているタグも付けた状態で見比べて、初めて見分けがつきます。

はっきりと言えるのは、偽物の方が全体的に雑に作られているという所のみでした。

購入場所によっては偽物

日本国内に専門店はなく、セレクトショップなどでの購入のみになるので、どうしても通販で購入しようとする人が多いです。

その中でも、少しでも安いと思ってフリマサイトで購入したり、Amazonなどで購入する人もいると思いますが、残念ながら偽物と本物が混在しているので、偽物を買いたくないという人は公式サイトでの購入がおすすめです。

中には「偽物でもいい」「どちらでも気にしない」という人もいると思いますが、偽物の販売者も購入者も違反になってしまいます。

そういったことに巻き込まれない為にも、危ないと言われている所からの購入は避けた方がいいですよ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場はこちら
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングはこちら

エッセンシャルズの生産国は中国か解説

エッセンシャルズの生産国はベトナム製と中国製が多かったです。

しかし、物によって生産国が違うとの事なので、はっきりどこの国の生産かはわかりませんでした。

服のシリーズや年代によって生産国が変わっているので、どこ産かによって偽物と言うわけではありません。

エッセンシャルズの売ってる場所。取り扱い店舗情報

国内では専門店ではなくセレクトショップなどでの取り扱いが国内正規品という扱いになります。

実店舗

調べた所、他の記事では実店舗での取扱店が出てくるのですが、検索すると現在は取り扱っていなかったりで、見つかりませんでした。

セレクトショップでの扱いなので、常にあるわけではありませんでした。

以前はFREAK’S STOREでも取り扱いがあったのですが、現在はみつかりませんでした。

オンラインストア

・SSENSE
・ZOZOTOWN
・楽天市場
・三越伊勢丹オンラインストア

※2023、7月27日の情報です。

他にも取り扱いのサイトはあるのですが、偽物がすごく多く出回っている事もあるので、選ぶのが難しいです。

とりあえずSSENSEは数多くのブランドを取り扱っていますが、全て正規品なので、オンラインであれあこちらで購入するのがおすすめです。

まとめ

ここまでエッセンシャルズについてまとめてきましたが、

・シンプルでベーシックな服が多いので年代問わず使いやすい
・30~50代まで人気がある
・偽物が多く出回っていて、単体での見分けが難しい
・ベトナム製と中国製が多い
・取り扱い店舗が今は無く、オンラインでの購入

と言う事がわかりました。

なかなか手に取ってみる事が難しいブランドですが、気になった方は是非、偽物には気を付けて正規ルートで手に入れてファッションを楽しんでみて下さいね。

コメント