スポンサーリンク

ジョイントマットをやめた代わりにリビングの防音におすすめや捨て方、やめたい&後悔している理由をご紹介!

生活
スポンサーリンク

ジョイントマットはクッション性があり、防音効果のためにたくさんの方が利用しています。

ですが、隙間にごみが入ったり、端とフローリングの段差が気になったりとマイナートラブルが目立ちます。

リビングでの防音効果のためにジョイントマット以外で何がおすすめか気になりますよね?

結論から言うと、防音効果のあるラグやマット、小さなお子さんがいるのであればプレイマット、ロールマットなどがおすすめです。

ジョイントマットをやめたい&後悔している理由や、捨て方なども紹介するので、同じような悩みがある方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ジョイントマットをやめた代わりにリビングの防音におすすめをご紹介!

ここからはジョイントマット以外でリビングの防音になるおすすめ商品をご紹介します。

ジョイントマット以外でリビングの防音に効果があるものは、防音効果のあるラグや、プレイマット、ロールマットなどがあります。

その中でもおすすめ商品をご紹介します。

・防音クッションラグ 快適防音マット「ウッド」 190×190×12.5㎜厚

一般的に防音対策はカーペットという概念でしたが、こちらはベルギー製のラグジュアリービニルを使用しており、表面がビニル素材の業界初ラグなのです。

カーペットだと気になるアレルギー問題も心配ないですし、ビニル素材なので、食べ物をこぼしたりしてもサッと拭き取れます。

こういった素材は、赤ちゃんにジョイントマット以外使用するときに適していますよね。

さらに傷にも強い素材で作られているので、ラグ自体も長持ちしますし、暑さも12㎜程度あり、遮音等級にも優れているので、防音効果もばっちりです。

楽天で見る事が出来ます♪

・防音マットZS

https://item.rakuten.co.jp/sonorize/bm20-1/?scid=wi_ichi_iphoneapp_item_share

耐久性に優れ、適度な弾力のある高性能なゴムを原料にしていることが防音、防振に効果を大きく発揮します。

また、床下材にも使用することができ、この防音マットの上には、クッションフロア、カーペット、石タイルなど様々な材質のものが使用できます。

Amazon、楽天、ヤフーで見る事が出来ます♪

・チェアマット 防音

適度な弾力があるので、防音効果はもちろん、床が傷つくのも防げます。

表面の素材はフリース素材で、裏面は滑り止めつき、丸洗いもOKです。

サイズは2つあり、140×100㎝、160×140㎝展開です。床暖房にも対応しています。

Amazon限定ブランドということで、他の商品よりも安価なのも嬉しいですね。

防音対策として色々なラグやマットが販売されているので、遮音等級や素材などを参考にご自身の環境にあった防音マット、ラグを購入したいですね。

Amazonはもちろん、楽天、ヤフーでも見る事ができます♪

ジョイントマットの捨て方、ゴミの分別方法をご紹介!

ここからはジョイントマットの捨て方やゴミの分別方法をご紹介します。

私の住む地域では、地域指定のごみ袋の中に入れて燃えるごみの分別の日に地域のごみ捨て場に出してOKです。

大きいジョイントマットもはさみなどで小さくし、地域のごみ袋の中に入る大きさにすることで解決します。

また、ゴミの分別方法は市によって異なるので、住んでいる市の分別方法を必ず事前にご確認ください。

ジョイントマットをやめたい(辞めたい)&後悔している理由

ここからはジョイントマットをやめたい&後悔している理由をご紹介します。

1つ大きい理由としては掃除が面倒くさいという点です。

汚れた部分だけを洗えるという利点もありますが、ジョイント部分に液体がこぼれたり、おかしのくずが入ったりすることが多々あります。

その場合、床もジョイントマットも掃除しなくてはいけなくなり、2度手間になってしまいます。

また、静電気も起こりやすいので髪の毛がジョイントマットにたくさんくっついてしまったりとマイナートラブルが起こります。

他にもリビングの景観が悪くなるという点、ジョイントマット以外にも防音効果の高いものや赤ちゃん用のクッション性の高いマットは他にあるという点です。

景観に関しては生活感が大きくでてしまいがちなのがジョイントマットで、できれば敷きたくないなと感じる方も多いかと思います。

ジョイントマット以外に防音効果、クッション性の高いマットの選択肢はまさにこの記事のように紹介できる商品がたくさんあります。

このような意見から、「ジョイントマットはいらない」と辞めたい&後悔に繋がるのですね。

ジョイントマットのやめどきを解説!

ここからはジョイントマットのやめどきを解説しますが、ジョイントマットのやめどきは家庭によってのタイミングがあるのでいつまでとは断言できません。

ですが、やめどきだなと思う出来事はあるのでいくつか挙げてみます。

ジョイントマットがボロボロしてきた時

ジョイントマットの質や何を置いているかにもよりますが、家具などを置いていると跡がついて薄くなったり、子供の使い方で穴が空いてしまったりします。

そんな時は変え時のサインかもしれません。

小さな子供が転倒しなくなった時

小さな子供がいるおうちでは、お座りがまだ安定してない時、歩き始めで歩行が安定していないときなどにはクッション性のあるジョイントマットは子供の安全を守ることができます。

なので、歩行が安定した時、転びにくくなった時もやめるサインの1つですね。

カビや虫が湧いたとき

ジョイントマットを敷きっぱなしにしておくと、カビが発生したり、隙間にこぼれていたジュースの跡や、お菓子のかすなどにありやその他の虫が湧く可能性があります。

そんな時はジョイントマットの使用をやめたいと思いますよね。

いくつかやめどきのサインを挙げましたが、もしジョイントマットをやめたいと思っている方がいたら参考にしていただけたらと思います。

まとめ

・ジョイントマットをやめた代わりの防音効果のあるリビングの代用品は防音効果のあるラグやプレイマット、ロールマットなどがある

防音効果のあるラグの種類はたくさんあり、遮音等級など参考に楽天やAmazonで購入できる

・ジョイントマットの捨て方はご自身の住んでいる地域の方法を確認して正しく捨てる

・ジョイントマットをやめたかったり後悔している理由は、掃除が面倒だったり、景観をそこなったり、さらにはジョイントマット以外にも防音効果のある代替のものがたくさんあったりと結局いらないとなる理由が多々ある

・ジョイントマットのやめどきは、それぞれの家庭によって異なるが、ジョイントマットの劣化や、カビや虫がわいたとき、小さなお子さんであれば転倒のリスクが減った時などが一例であげられる

ジョイントマットをやめても、リビングで防音効果があるラグやマットが多数あることが分かりました。

ジョイントマットをやめたい理由や後悔している点も、ジョイントマットの卒業を考えている皆さんの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました