PR
スポンサーリンク

40代50代が着てはいけない色はある?ピンクは痛い?やってはいけない&ダサいファッションやおばさんファッションあるあるを解説

ファッション
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

40代50代に入ってから、

・着てはいけない色はあるのか
・老けて見えない色の服は?
・体型の変化でコーデが決まらない…
・おばさんファッションが気になる…
・もっとおしゃれを楽しみたい…

という40代50代女性も多いのではないでしょうか。

40代や50代だから着てはいけない色の決まりはありませんが

・明るすぎるパステルカラーの色
・暗すぎるダークカラー一色の服装
・ビビットで明るすぎるピンク
ははたから見ると「若作りしている」または、暗い色だと「老けて見える」とみられる傾向があります。

なので、自分がよければそれでよしですが、周りの視線が気になる方は避けた方が無難です。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

おばさんファッションあるあるの代表格といえば、若作りしすぎていることが挙げられます。

そこで今回は、40代50代の女性が着てはいけない色や、顔映りが明るく見える色の詳細に加え、若作りしすぎてしまう痛いファッションあるあるをご紹介します。その後に、今の自分にあった服装選びのポイントもお伝えしているので、是非参考にして下さいね♪

スポンサーリンク

40代50代が着てはいけない色は?ピンクや黒の服は痛いか解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

アラフォー・アラフィフ世代で着てはいけない色ってあるのか気になりますよね。

正解は、基本的に着てはいけない色はないですよ。

ただ、40代50代になると肌のハリやツヤが失われ、シワやたるみなどの肌トラブルが目立ってきます。

そのため、ファッションにおいても、肌を明るく見せる色を選ぶことが大切なのです。

そして、40代50代には避けた方がよい色もあります。それは、

明るすぎるパステルカラー

パステルカラーとは、藤色や桜色などの淡い色に白を混ぜたもので、柔らかく女性らしさを際立たせる色です。

しかし、40代50代が着ると、肌のくすみやシミを強調してしまう可能性も。また、子供っぽく見えることもあります。

明るすぎるパステルカラーは、膨張色のため太って見えることもあるので注意が必要です。

パステルカラーを着たい場合は、くすみが少ない色や、落ち着いたトーンの色を選ぶようにしましょう。

暗すぎるダークカラー

明るすぎないダークカラーには、黒、ネイビー、グレーなどがあり、落ち着いた大人っぽさを演出できる色です。

しかし、40代50代が着ると、肌を暗く見せてしまいます。また、老けて見えることもあります。

ダークカラーを着る場合は、肌の明るさを引き立てる色や、顔回りの明るい色と合わせるようにしましょう。

トップスで濃い色のジャケットを着るなら、インナーの色は顔を明るく見せる色を選びましょう。

また、パンツやスカートなどのボトムスにダークカラーを取り入れるのもよいでしょう。

黒やピンクの服は痛くない!?

結論から言うと、黒やピンクの服は、40代50代でも痛くもダサくもないですよ。

黒とピンクはファッションの定番色で、大人っぽい印象を与えます。

ただし、明るく淡いピンクは、肌のくすみやシミを強調してしまうことも。

40代50代におすすめのピンクはくすみピンクです。くすみピンクは明るさを抑えた色で、落ち着きがあり派手すぎないのが特徴です。

くすみカラーは、ファッション誌でもよく見かけるキーワードで人気ですよね♪

全身真っ黒コーデはNG!?
全身真っ黒や、全身ベージュなどのワントーンコーデは、スタイリッシュに見えますが、季節感がない印象になり、おばさんっぽく見えてしまいます。

季節感を意識したコーデを心がけることが大切です。

黒やピンクの服を着るときは、顔まわりを明るくしてシルエットをすっきりさせると、老けて見えたり野暮ったく見えたりするのを防げます。

ビアズリーの服は体型をカバーして大人かわいいを叶えてくれる服が沢山そろっています。

Amazonや楽天、ヤフーショッピングでお買い物を楽しめます♪

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

40代50代で顔映りの良い&明るく見える服の色を解説

0代50代の女性が着る服の色で顔映りが良い色&似合う色は、以下のとおりです。

顔映りが良い色&明るく見える服の色

・白
・ベージュ
・ライトグレー
・アイボリー
・落ち着いたパステルカラー

これらの色は、明るく清潔感があり、肌の色を明るく見せてくれる効果があります。

また、光を反射する性質があるため、顔のくすみやシワを飛ばして、若々しく見せてくれる効果もありますよ。

似合う色

  • パーソナルカラーに合った色
  • 肌の色になじむ色
  • 顔の形や雰囲気に合う色

パーソナルカラーとは、生まれ持った肌の色や髪の色、瞳の色などから導き出される、似合う色のことです。自分のパーソナルカラーを知ることで、より自分に似合う色を選ぶことができますよ。

肌の色になじむ色は、肌の色をより自然に見せてくれます。

肌の色が明るい人は、明るい色やパステルカラーが似合い、肌の色が暗い人は、深みのある色やダークカラーが似合います。

顔の形や雰囲気に合う色は、顔の印象をよりよく見せてくれます。

顔が丸い人は、縦長の線を強調する色が、顔が四角い人は、横長の線を強調する色が似合います。

また、明るい性格の人は、明るい色が、落ち着いた性格の人は、落ち着いた色が似合います。

具体的なコーディネートの例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • トップスに白やベージュ、ライトグレーなどの明るい色を合わせて、顔周りを明るく見せます。
  • ボトムスは、黒やネイビーなどのダークカラーを選んで、引き締め効果をプラスします。
  • 小物には、パステルカラーやビビッドカラーなどの鮮やかな色を合わせて、アクセントをつけます。

また、顔映りを良くするためには、メイクや髪型などの工夫も大切です。

メイクでは、明るい色のチークを頬の高い位置に塗ったり、ハイライトで顔の立体感を強調したりすることで、顔を明るく見せることができます。

髪型は、顔の輪郭をカバーしてくれるようなスタイルにすると、より効果的です。

自分に似合う色を選んで、おしゃれな装いで、若々しく美しく過ごしましょう。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

40代50代でやってはいけないファッションは?

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

上記では、40代50代女性の痛い(ダサい)ファッションについて色々お伝えしましたが、ここでは40代50代がやってはいけないファッションを2つご紹介します。

パンプスに靴下

子供っぽく見える
パンプスは大人っぽいアイテムですが、靴下と合わせるとカジュアルな印象になります。

また、ソックスが長いと足元がぼやけ、子供っぽく見えてしまうこともあります。

ダサい
パンプスは足元をきれいに見せてくれるアイテムですが、ソックスを合わせると足元が野暮ったく見えてしまいます。

また、ソックスとパンプスの色や柄が合っていないと、さらにダサく見えてしまいます。

もちろん、パンプスとソックスの組み合わせでも、おしゃれに着こなすことは可能です。

しかし、40代50代になると、子供っぽく見えたり、ダサく見えたりするので避けた方がよいでしょう。

フリルやリボンがついたアイテム

子供っぽく甘すぎる印象
フリルやリボンは可愛らしさを演出するアイテムですが、40代50代では子供っぽく甘すぎる印象を与えます。

またフリルやリボンの数が多すぎたり、色や柄が明るすぎたりすると、子供っぽさやかわいらしさがさらに強調されてしまいます。

もちろん、フリルやリボンをおしゃれに着こなすことは可能ですが、40代50代になったら避けた方が無難です。

特に次のようなアイテムは避けた方がよいでしょう。

・パンプス+靴下(ロングソックスやニーソックスなど)
・フリルやリボンの多いワンピースやブラウス
・フリルやリボンが主役のトップス
・フリルやリボンがついたスカートやパンツ

以上のことを気をつければ、大人っぽく着こなすことは可能ですよ。

例えば、パンプス+ソックスなら、ストッキングを合わせればOKです。

フリルやリボン付きのアイテムを着るときは、シンプルなアイテムと組み合わせたり、フリルやリボンの色や柄を控えめにすることで、甘すぎる印象を抑えることができます。

こちらはビアズリーの洗えるニットコートです。さっと羽織れるので一枚あると重宝します

一枚でおしゃれ度をUPしてるのが嬉しいポイントです。

楽天でビアズリーを見てみる>>>

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

40代50代の痛い(ダサい)ファッションを解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

40代50代女性の痛い(ダサい)ファッションとは、一言でいえば「若作りしすぎている」「年齢に合っていない」ファッションのことです。

具体的には、以下の5つが挙げられます。

体のラインを強調しすぎている

ミニスカートやショートパンツ、タイトなワンピースなど、体のラインを強調するファッションは、若い女性にはよく似合いますが、40代50代女性には痛い印象を与える可能性があります。

特に、ボディラインにたるみやくすみが出てきた場合は、より痛々しい印象を与える恐れがあります。

スタイルが良いとボディラインを出したくなるかもしれませんが、40代50代の場合、ボディラインを強調しすぎるとかえって若作り感が前面に出てしまい、おばさんっぽく見えてしまいます。

装飾や柄を多用する

装飾や柄を多用したファッションは、派手で目立つため、40代50代女性は避けた方がいいでしょう。

花柄やレース、フリル、リボンなど、どれも可愛らしいですが、分量が多すぎると子供っぽさも増してしまいます。

またレースやフリル、リボンは身に付ける場所や量によっても印象が変わります。かわいいからと何も考えずに着ていると、痛いおばさんのレッテルを貼られてしまうかもしれません。

飾りのついたトップスは、顔周りを華やかに見せてくれる反面、年齢を重ねると老けて見えることも。なので、トップスはなるべくシンプルンなものを選ぶようにしましょう。

流行りのアイテムを取り入れすぎている

トレンドを取り入れることは大切ですが、トレンドを取り入れすぎると、かえって浮いた印象を与えてしまうことも。

また無理して若者に流行っているファッションを取り入れると、年齢に合わない痛々しい印象を与えてしまいます。

若い頃なら問題なかったコーディネートも、年齢を重ねると子どもっぽく幼く見えてしまうこともあります。

なので、トレンドを取り入れすぎず、できるだけ大人っぽいコーディネートを心がけましょう。

サイズが合っていない

サイズが合っていない服は、だらしない印象を与えてしまい、年齢を重ねるにつれて苦しくなってきます。

特に、ビッグシルエットとも呼ばれるオーバーサイズの服や、タイトすぎる服は避けた方が無難です。

また上下ともらくちんオーバーサイズの服を着ると、さらにだらしなく見えることもあります。

洋服のサイズによってオシャレ度も変わってくるので、よく見極めてバランスよく着こなしましょう。

清潔感がない

汚れやシワがついた服、シミやほつれのある服、色あせた服や毛玉だらけの服などは、清潔感がなく、みっともない印象に。そのような服装で外出すると、より痛いおばさんに見えてしまいます。

特に40代50代では、服装や髪型、メイクなどの身だしなみも清潔感を出すために重要です。

ビアズリーは時期によっては楽天DELLで割引になっている事も多いのでこまめにチェックしておくとお得にお買い物が楽しめます。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天でビアズリーを見てみる>>>

おばさんファッションあるある!を解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

年を重ねるにつれて、ファッションの好みも変化していくものです。

しかし、中には若い頃と同じファッションを続けている人もいます。これがおばさんファッションにつながったりするんですね。

おばさんファッションには、いくつかの特徴があります。例えば、

・若作りしすぎている
・ひと昔前のファッション
・花柄やフリルの分量が多すぎる
・肌の露出が多すぎる
・派手すぎるアクセサリーを身につけている

などが挙げられます。

おばさんファッションはこのように、派手すぎる、服の印象が古くさい、今の時代のファッションと大きくズレているのが特徴です。

客観的に見た場合、若作りしすぎている痛いおばさんと思われるかもしれません。

また、娘さんと服の貸し借りをしていると、ついつい同じ格好…なんてやっちゃうのも気を付けた方が良いでしょう。

こちらのプリーツスカートはお色は40色、丈は2種類から選べるので、お気に入りの一着が見つかりそうですね。

CLOVER DEPOT(クローバーデポ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場はこちら
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングはこちら

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

40代50代で痛くない年相応の服装のポイント!

40代50代になると、体型や肌の質感など、若いころとは異なる変化が現れてくるものです。

そのため、若いころと同じような服装をしていると、どうしても「痛い」「ダサい」と思われてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、40代50代で痛くない年相応の服装のポイントをご紹介します。

季節感やTPOに合った服装

40代50代になると、ライフスタイルの変化も大きくなります。そのため、季節感やTPOに合った服装をすることも大切です。

季節感のある服装
季節感のある服装をすることで、清潔感と上品さを演出することができます。

夏は涼しげな素材や色合い、冬は暖かみのある素材や色合いを選ぶと良いでしょう。

TPOに合った服装
TPOに合った服装をすることで、周囲の人と良好な関係を築くことができます。

ビジネスシーンでは、きちんとした服装を心がけましょう。また、フォーマルなシーンでは、上品な服装を選ぶと良いでしょう。

清潔感を意識する

清潔感は、年相応の服装において最も重要なポイントです。シワや汚れのない服を着用し、髪や肌を清潔に保つようにしましょう。

また、服装の色や柄も、清潔感を出すためには大切です。派手な色や柄は、若い世代が好む傾向にあるため、40代50代は控えめにするのがおすすめです。

露出を控える

40代50代になると、体型や肌質の変化が現れてきます。そのため、露出度の高い服装はかえって老けて見えます。

露出を控えることで上品で落ち着いた印象に。また、体型や肌の悩みをカバーすることもできます。

もちろん、露出を控えることがすべてではありません。自分に合った露出度で、おしゃれを楽しんでくださいね。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

40代50代で若く見えるファッションのポイント!

40代50代で若い頃と同じような服装をしていると、老けて見えることがあります。そこで、40代50代で若く見えるファッションのポイントをご紹介します。

体のラインを拾わない服を選ぶ

体型の変化が気になる人は、体のラインを拾わない服を選ぶとスタイルアップして見えます。

例えば、ゆったりとしたシルエットのワンピースや、テーパードパンツは、体型をカバーしつつ、女性らしさを演出してくれます。

また、ベルトやスカーフなどを用いてのウエストマークやVネックなど、視線を上に集めるコーデも効果的です。

トレンドを取り入れる

トレンドを取り入れることで、若々しくおしゃれな印象になります。

ただし、流行を追いすぎると、子どもっぽく見えてしまうこともあるので注意が必要です。

まずは、トレンドを取り入れたアイテムを一点だけ投入するなど、バランスよく取り入れるのがおすすめです。

小物使いでアクセントを作る

小物使いは、コーディネートの印象を大きく変えることができます。

シンプルな服装に、アクセントになるような小物をプラスすることで、おしゃれ度をアップさせることができます。

バッグや靴、帽子、アクセサリーなど、自分に合った小物を見つけて、コーディネートに取り入れてみてくださいね。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

40代50代でギンガムチェックは痛いか解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

結論から言うと、40代50代でギンガムチェックは、痛くもダサくもないと言えます。

ギンガムチェックは定番のチェック柄のひとつで、カジュアルな印象を与えます。

そのため、「子供っぽく見えるから40代50代は避けるべき」という意見もあります。

しかし、ギンガムはシンプルで他の柄とも合わせやすいので、40代50代の女性でも上品に着こなすことができます。

40代50代女性がギンガムチェックを選ぶときのポイントは、以下の通りです。

細かいギンガムチェックを選ぶ
ギンガムチェックは色や柄によって印象が変わります。大柄を避け、細かいギンガムチェックを選ぶことで、カジュアル感が軽減され、大人っぽい印象になります。

黒やネイビーのギンガムチェックを選ぶ
細かい柄と黒やネイビーなどの落ち着いた色を合わせることで、ギンガムチェックも子供っぽくならず、大人の着こなしにも合わせることができます。

スカートはミモレ丈やロング丈を選ぶ
スカート丈はミモレ丈やロング丈がおすすめです。丈が長いと脚のラインも隠せて気軽に履くことができます。

テーパードパンツがおすすめ
テーパードパンツはウエストがゆったりしていて、裾に向かって細くなっているため、下半身を細く見せる効果があります。

アラフォー・アラフィフ世代に優しいシルエットなので、ギンガムパンツもテーパードシルエットがおすすめです♪

こちらは裾にさりげなく見えるギンガムチェックが大人可愛いワンピースです。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天で40代50代のおしゃれファッションを見てみる>>>

まとめ

ここまでの内容で、おばさんファッションあるあるや、40代50代の痛いファッションで共通することは、「若作りしすぎている」ということが分かりましたね。

そこで、痛くない年相応の服装や若く見える服装のポイントについて解説しました。

・季節感やTPOに合った服装
・清潔感を意識する
・露出を控える
・体のラインを拾わない服を選ぶ
・トレンドを取り入れる
・小物使いでアクセントを作る

こちらの記事を参考に、ぜひ今の自分にあったファッションを楽しんでくださいね。

Amazonで40代50代のオシャレファッションを見てみる>>>

楽天でビアズリーを見てみる>>>

コメント