スポンサーリンク

チョコレート効果はどれがいい? 72%、86%、95%の3種類を比較!86、95のおすすめの食べ方や食べるタイミングを紹介します!

食べ物
スポンサーリンク

ビターチョコレートの定番商品として、CMでもよく見かける明治の「チョコレート効果」シリーズ。

カカオ72%、86%、95%の3種類が人気ですが、「チョコレート効果はどれがいいの?」と迷う人もいるかと思います。

チョコレート効果はカカオ含有量が多いほど糖質量が少なく、ポリフェノールの量が多くなるという特徴があります。

「86%や95%は苦すぎて食べられない」という人も、美味しく味わえる食べ方がありますよ!

今回はチョコレート効果72%、86%、95%の3種類を比較し、口コミ(評判)やおすすめの食べ方をご紹介します。

チョコレート効果はアマゾンや楽天ヤフーでも取扱いがあります。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

ダイエットに効果的な食べ方や、安く買う方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

チョコレート効果はどれがいい?72、86、95の3種類を比較、特徴を紹介します。

「チョコレート効果」シリーズは幅広く展開されていますが、中でも72%、86%、95%のシンプルな一口サイズのチョコレートが最もポピュラーな商品ですよね。

パッケージもよく似ており、カカオの含有量が異なるだけで具体的にどのような違いがあるのか、気になる人もいるかと思います。

そこで、チョコレート効果72%、86%、95%の3種類の特徴を比較してみました!

72%86%95%
カロリー/1枚28kcal29kcal31kcal
糖質/1枚1.6g1.0g0.6g
脂質/1枚2.0g2.3g2.6g
ポリフェノール/1枚127mg147mg174mg
1日の適量3~5枚3~5枚3~5枚
参考元:https://www.meiji.co.jp/

カカオ含有量が増えるほど、1枚当たりの糖質量は少なく、ポリフェノールの量は多くなっていますね。

チョコレート効果95%は72%に比べ、糖質量が半分以下、ポリフェノールが約50mg多く含まれています。

糖質制限やカカオポリフェノールの摂取を目的に食べる方は、カカオ含有量が多いほど良いと言えます。

ただし、カカオ含有量が多いほどカロリーや脂質の量も増えてしまいます。

1日に複数枚、毎日食べるという人は、カカオ含有量が少ないほうがカロリーオーバーになりにくいです。

チョコレート効果を食べる目的や生活習慣に合わせて、自分に合ったチョコレート効果を選ぶと良いですね。

通販ではまとめ買いもできます♪

チョコレート効果86と95の味はまずい?口コミ(評判)を調査!

https://pixabay.com/ja/

チョコレート効果では、カカオ含有量が多いほど糖質が低く、ポリフェノールの量も多いことが分かりました。

一般的に、カカオ含有量70%以上が「ビターチョコ」と呼ばれる傾向にあることを考えると、86%や95%はかなり苦味が強いことが予想されます。

いくら身体に良いと分かっていても、美味しくなければ継続は難しいですよね。

そこで、チョコレート効果の86%と95%の味について、ネット上で調べた口コミを私自身の言葉でまとめました!

「買ってみたいけれど、まずいのかな」と迷っている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

まずい口コミ

まずは「まずい」「美味しくない」といった内容の口コミを紹介します。

チョコレート効果86%については、以下のような口コミが見られました。

  • チョコレート効果86%は苦すぎて口の中が大災害
  • 86%は少し苦くて粉っぽい

調べた結果、86%については「美味しい」と「まずい」の意見がおよそ半々くらいでした。

続いて、チョコレート効果95%についての口コミです。

  • 95%は炭の味
  • チョコレート効果の95%まずい、苦いし粉っぽい
  • 95%は苦味そのものを食べている感じ

こちらは「炭の味」「とても食べられない」など、なかなか厳しい意見が多かったです。

実は私もチョコレート効果95%を食べたことがあるのですが、やはり粉っぽさがあって涙が出るくらい苦かったのを覚えています。

高校時代、あまりにも苦すぎてチョコレート効果95%を食べる罰ゲームがクラスで流行ったこともありました(笑)

中には「美味しいじゃん」と喜んでいる子もいたので、感じ方は人によって異なると思います。

美味しいという口コミ

もちろん、「美味しい」という口コミもたくさん見られました。

まずはチョコレート効果86%の口コミです。

  • 72%と86%を交互に食べるのが好き
  • 72%が甘く感じてきたから86%にしたらちょうど良い
  • 少し苦いけど、頭が冴えて良い

チョコレート効果86%は、72%が甘く感じる方にちょうど良い味わいのようです。

また、「とにかく苦い」と言われる95%も、美味しく食べている方の口コミが見られました。

  • 最初は苦くて食べられなかったけど、今では美味しく感じるし食欲も落ち着く
  • チョコレート効果の95%が美味しくて毎日食べている
  • まずさが癖になる
\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

食べていくうちに慣れた、苦さがクセになったという声がありました。

糖質の少なさやポリフェノールの多さでは、95%が最も優秀ですので、美味しく食べられるようになったら理想的ですよね。

86%も美味しく食べられるという人は、挑戦してみても良いかもしれません。

体験談から考える、チョコレート効果のおすすめ

実は私自身、日常的にチョコレート効果を食べています。

最初は72%も苦く感じるくらいの甘いもの好きでしたが、次第に美味しく味わえるように。

2カ月くらい食べ続けて慣れてきたころ、カカオ含有量が多いほうが健康的だと知り、思い切って86%を買って食べてみました。

すると、ほどよい苦味の中にほのかな甘みを感じ、とっても美味しく感じました!

強烈な甘党だった私がカカオ86%を美味しく食べられるなんて…と、感動したのを覚えています(笑)

今では日常的に、チョコレート効果を86%を購入して間食に食べています。

高校時代の記憶があるので未だ95%には挑戦できませんが、食べ続けることで苦味が美味しく感じるのは確かです。

ですので、最初は72%から食べて、慣れたり物足りなく感じることがあれば86%や95%に変えてみるのが良いかと思います。

チョコレート効果86と95の美味しい食べ方を紹介します。

「チョコレート効果を買ったけど、そのままでは苦くて食べられない…」なんてこともありますよね。

チョコレートをそのまま食べることができなくても、カカオポリフェノールを上手に摂取できる食べ方があります。

https://pixabay.com/ja/

ホットチョコレートにする

おやつの時間や、一息つきたい休憩時間に、チョコレート効果を使ったホットチョコレートがおすすめです。

温度を高めにして温めたホットミルクに、チョコレート効果を1~2枚割って入れてよくかき混ぜ、溶かすだけ。

牛乳のほんのりとした甘みと、チョコレートの苦味が程よくマッチしたドリンクになります。

私もよく飲んでいますが、そのまま食べるよりも満足感があってリラックスできますよ♪

料理の隠し味に使う

カレーの隠し味にチョコレートは王道ですよね。

カカオ含有量が多いチョコレート効果なら、一般的なチョコレート以上にコクや深みが出ます。

カレーやシチュー、デミグラス系のハンバーグなど、洋風の煮込み料理に入れるのがおすすめです。

86%や95%の苦味も、美味しさに活用されるのは嬉しいところですね♪

チョコレートが余ってしまったという人は、ぜひ試してみてください。

ダイエットに効果的に食べるタイミング

ダイエット目的でチョコレート効果を食べる場合は、食前または昼食後~夕食までのタイミングで食べるのがおすすめです。

高カカオチョコは低GI食品ですので、食前に食べることで血糖値の急上昇を抑えることができます。

また、お昼過ぎから夕方にかけての口寂しくなる時間帯に、チョコレート効果を1~2枚食べると空腹しのぎに効果的です。

口の中が甘くならないので、他のお菓子が食べたくなることも防ぐことができます。

ただし、高カカオチョコレートには微量ですがカフェインも含まれているため、寝る前に食べるのは控えたほうが良いと言えます。

チョコレート効果が安い店はコストコ、ドンキ、その他安く買う方法

チョコレート効果を毎日数枚食べるという人は、大容量のものをコスパ良く購入したいですよね。

チョコレート効果は、持ち運びできる小袋やパウチタイプはコンビニで、箱やファミリーパックはスーパーやドラッグストアで販売されています。

また、安く大量に購入したいという人にはコストコやドンキホーテがおすすめです。

ドンキホーテでは、ファミリーパック以上の大容量ボックスが販売されています。

さらにコストコでは、1箱1.4kg(約282枚)の特大サイズのチョコレート効果も購入可能です。

お得にチョコレート効果をストックしておきたい人は、ぜひお近くのコストコやドンキをチェックしてみてください!

また「忙しくて店舗に行く時間がない」「近くにコストコやドンキが無い」という人は、Amazonやヤフー、楽天などの通販サイトでのお買い物をおすすめします。

通販サイトのセール期間には実店舗よりも安くなることもあるので、手軽にお得に買えますよ。

チョコレート効果のおすすめを紹介します。

チョコレート効果72% 1kg

※画像をクリックでアマゾンへ移動します

「チョコレート効果」シリーズの中でも、72%が最も容量が多いようです。

日ごろから食べている人はもちろん、初めてチョコレート効果を習慣に取り入れる人はこちらから購入してみると良いですね。

\アマゾンがダントツ安い/

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

売り切れる前にお早めに。

チョコレート効果86% 940g

※画像をクリックでアマゾンへ移動します。

チョコレート効果カカオ86%は、ゴールデンの背景に黒の文字が目印。

95%と配色が良く似ているので、購入の際はチェックしておきましょう。

私はスーパーで見間違えて、86%のつもりが95%を購入してしまったことがあります(笑)

通販サイトで箱ごと購入すれば、ちょっとしたギフトやプレゼントにも利用できますね。

\アマゾンが一番お得

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

チョコレート効果95% 800g

※画像をクリックでアマゾンへ移動します。

チョコレート効果カカオ95%のパッケージデザインは、黒の背景に白の文字。

普段から食べ慣れていて、自宅にストックしておきたい人におすすめします。

95%を初めて食べる人が買ってしまうと、味がニガテな場合大変なことになってしまうので気を付けましょう!

\こちらもアマゾンが安い/

チョコレート効果
¥2,934 (2022/05/22 21:23時点 | Amazon調べ)
\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

チョコレート効果オレンジピール

「ビターチョコはハードルが高い」という人にぜひ食べて頂きたいのが、こちらの「チョコレート効果 密漬けオレンジピール」

定番商品ではなく、販売期間が限定されている商品です。

SNS上でも、このオレンジピール味が美味しいという口コミが多く見られました。

私の言葉でまとめてご紹介します。

  • チョコレート効果の密漬けオレンジピールが美味しすぎるのに、どこのコンビニにも置いてない
  • ビターチョコとオレンジの爽やかさの相性が良い

取り扱っているスーパーやコンビニにはバラつきがあるようですが、通販なら確実に購入することができますよ。

まとめ

以上、チョコレート効果の3種類の特徴を比較し、口コミや食べ方についてご紹介しました!

  • チョコレート効果はカカオ含有量が多いほど糖質量が少なく、ポリフェノールの量が多いが、カロリーも高くなる
  • 86%や95%は「苦い」「まずい」という口コミもあるので、72%に慣れてから食べるのがおすすめ
  • 86%や95%は、そのまま食べる以外にも、ホットチョコレートや料理の隠し味に使うことで美味しく食べられる
  • チョコレート効果をダイエットに効果的に食べるには、食前や間食に食べるのが良い

ご自身の味の好みや、食生活に合わせて、自分に合ったものを選んで頂ければと思います。

初めて食べるなら食べやすいカカオ72%がおすすめです♪

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

【あわせて読みたい】

チョコレート効果を継続して食べた体験談はこちら>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました