スポンサーリンク

コンポストにゴキブリはわく?デメリットや虫がわかないタイプ、ベランダ置きもご紹介!

商品の感想
スポンサーリンク

コンポストとは英語の「compost 堆肥」のことで、家庭内で出た生ごみや下水汚泥を発酵・分解させることでできあがります。

気軽に始めることができるコンポストですが、臭いや虫の発生が気になるところです。その中でもゴキブリが発生するのかどうかは気になるところですよね?

結論から言うと、コンポストの発酵がきちんと進んでいれば嫌な臭いもありませんし、虫がわくこともありません。ですが、発酵に失敗していると虫はわくので、当然ゴキブリを寄せ付けてしまうこともあります。

コンポストを始めることでのデメリットや、虫がわかないタイプのもの、ベランダ置きのものも紹介するので、参考にしてみてください。

もし、虫が気になるようなら、本格的な市の助成金対象の家庭用コンポスト「ナスクル」がおすすめです♪

99.8%処理時の匂い除去で、特に匂いが気になる方にも便利です。

市の助成金対象なので、全国約60%の自治体で1~10万円程度の助成金が支給されます。※支給額はしによって変わります。

静音設計で省エネは勿論、28日間返金保証、1年間無償修理保証も付いています♪

\公式サイトが一番安い/

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon
スポンサーリンク

コンポストにゴキブリはわく?メリット&デメリットをご紹介。

ここからはコンポストにゴキブリはわくのか、メリット&デメリットをご紹介します。

冒頭でも少し触れましたが、コンポストの発酵が上手に進んでいれば虫がわくこともないので、ゴキブリもわくことはありません。

しかし、発酵に失敗してれば、臭いが発生し、それにつられて虫も発生するので、ゴキブリがわくこともあります。

ここからは、コンポストを行う上でのデメリット、メリットを紹介します。

デメリット

悪臭や害虫が発生する恐れがある

ここまでも書いた通り、臭いの問題、虫の問題は必ずついてきます。

臭いに虫はつられるので、まずは臭いを発生させないように気を付けます。

コンポストを下からしっかりかき混ぜることを数日続けたり、タンパク質(肉や魚)の投入を控えたりすることで、臭いの発生が防げます。

もし、虫が湧いてしまったら、天日干しをしたり、発酵促進剤を使用したりして対応することがおすすめです。

・手間がかかる

コンポストを上手に発酵させるために、少々の手間がかかるのもデメリットの1つです。

種類は火を通さなければいけないものや、大きいものは小さめに切ったりしないといけませんし、皮も同様、小さく切らなければいけません。

また、熟成期にかかるまでは、コンポストをかき混ぜることも必要なので、コンポストのお世話をしなくてはいけなくなります。

・コンポストの種類によっては設置場所や臭い発生の問題がある

コンポスト自体にはいろいろな形があるので、中には場所をとってしまうものもあります。

電動型だと、場所もとりますし、電気代もかかってきます。

密閉容器型は場所に完して、そこまで気にならなくとも、今度は臭いが発生してしまった場合にマンション住まいだと周囲からの目が気になります。

1つ1つ考えれば解決できるデメリットですが、この内容をクリアできない方は、始めるのには腰が重たくなりそうですね。

メリット

・生ごみを捨てる手間や、使うビニール袋の削減につながる

生ごみ処理自体も手間がかかったり、場所もとったりしますよね。

コンポストも投入の際に少し手間がありますが、自然保護に繋がるならば、そちらの手間の方が気持ちも前向きに取り組めますね。

捨てる際のビニール袋削減も自然保護につながりますし、ごみ袋代も節約できます。

・できた堆肥は家庭菜園などに利用できる

家庭菜園などをしてる方にとっては栄養豊富な堆肥が家庭でできるのは嬉しいですね。

また、堆肥で作った野菜や果物は美味しく、そして安全に食べることができます。

・ごみ自体が減ることで自然保護に繋がる

ごみ自体を減らせば、焼却するもの自体も減るので、微々たる働きかもしれませんが、自然保護に繋がりますね。

コンポストをすることでのメリットは自分へも環境へもいいものです。

コンポストを始める際は、デメリットを念頭に入れておきたいですね。

コンポストは雨ざらしだとどうなるか解説!

ここからはコンポストは雨ざらしだとどうなるか解説します。

コンポストを行うときは常に土を覆いかぶせているので、フタが開いているタイプだとしても雨ざらしだからと言って、中が水でびしょびしょに濡れてしまうということはありません。

もし、雨のせいで中身の水分が多くなってしまったら、外の空気を含ませるようにかき混ぜてみましょう。

空気を含むことによって通常の水分量に戻っていきます。

かき混ぜる際は底からしっかりと混ぜるようにして、下に水分がたまることも防ぐといいですね。

コンポストがあれば堆肥はいらないか解説!

家庭で始められるコンポストですが、できた堆肥のみで土への栄養が足りるのか気になるところですよね。

ここからはコンポストがあれば堆肥はいらないかを解説します。

自作で作った堆肥、しっかりと熟成完了を確かめることができたならば、きちんと栄養もあるので、家庭菜園に使用でき、美味しい野菜や果物ができあがります。

さらに何度もコンポストを繰り返して行ってたくさんできた堆肥は、農家さんや学校などに寄付することもでき、地域への手助けにもなります。

自作で作った堆肥をたくさん活用しましょう。

コンポストに虫がわかないタイプ、室内で初心者にもおすすめ!

ここからはコンポストに虫がわかないタイプのものを紹介します。

初心者の方も始めやすいので参考にしてみてください。

ご紹介するのは「ナスクルの室内用生ごみ処理機」です。

2014年からの6年間で、日本、韓国、マレーシア、カナダなどアジアを中心に世界5か国で流通しています。

生ごみ処理機のデメリットである、使用中の臭い、お手入れが面倒な点、電気代がかかる点、故障をしてしまうのではないかなどの問題をすべて解決してくれています。

・生ごみ投入は1秒
全自動で処理をしてくれるので、本当に投入するだけでOK。中に入れてしまえば、放っておいてっも土に生ごみがかえります。

・ハイブリッド脱臭システム導入
このシステムにより、処理中の嫌な臭いを99.84%カットしてくれます。

・自動省エネ機能搭載
この省エネ機能で、乾燥式のものやバイオ式のものと比べても使用ワット量が少なく、1か月の電気消費量は他社商品と比べて2分の1ほどで使用できます。

深夜でも音が気にならない静音設計などがあることも魅力的ですね。

生ごみ処理機に挑戦できなかった方も、コンポスト初心者の方も、手を出してみようかなという魅力的なポイントがたくさんありますね。

また、市の助成金対象になるのも魅力的です。

静音設計で省エネは勿論、28日間返金保証、1年間無償修理保証も付いているので安心ですね♪

\公式サイトが一番安い/

ナクスル公式サイトはこちら>>

コンポストのベランダ置きやおしゃれな庭におすすめをご紹介

ここからは、コンポストの中でもおしゃれでベランダ置きにおすすめのもをご紹介します。

ご紹介するのは「MATIMARU コンポストバック」です。

不織布でできているコンポストで、空気と水分を開放することで嫌な臭いが出にくいのが特徴です。

さらに、堆肥化までの分解も早く、雨の日に外に出してOKな点も嬉しいです。

大きく開くフタは最初のコンポスト作りの際に役立ちますし、その後の生ごみの投入は小さく開けるような場所もあるので、そこから投入すればOKです。

堆肥が完了した土は下から取り出すことができ、細部まで気遣いが届いている点が高評価です。

黒やベージュ、カーキ色があり、おしゃれなお庭にも違和感なく置けるデザインになっています。

「ラク」、「オシャレ」、「マンションでも使える」の次世代型コンポストになっています。

次世代型のコンポストは従来のイメージを覆してくれるので、コンポストを始めることにも前向きになれますね。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

まとめ

・コンポストは熟成が成功していれば基本的には虫は湧かないので、まずは熟成させる過程に注意する
そうることで、ゴキブリは湧かない

・熟成させる際には虫がよってくる原因の臭いを発生させないことが大切

・コンポストを始める際のデメリットは、虫や臭いが発生することも含め、手間がかかることや、場所をとったりする点にある

・もちろんコンポストを始めるメリットもあり、ごみ袋代がかからないことや、生ごみを捨てる手間が省ける点、自宅で栄養豊富な堆肥ができることなどがあげられる

ごみを捨てる際のビニール袋使用が減ることで、プラスイチックの使用削減となり、自然保護に少しでもつながる点もメリットである

・コンポストは雨さらしでも、水でびしょびしょになってしまうことはないですが、もし水分量が多くなってしまったら底からしっかりかき混ぜることが必要

・自宅でできた堆肥でも充分に栄養があるので、さらに堆肥を買って追加する必要はない

・コンポストに虫がわかない、室内タイプのものがあり、「ナスクルの生ごみ処理機」がおすすめ
従来にあった生ごみ処理機の問題を多く解決しているのが特徴で、初心者でも始めやすいものである

・おしゃれな庭におすすめな外置き用のコンポストも紹介しており、「MATIMARU コンポストバック」がおすすめ

不織布でできており、嫌な臭いが発生しにくいのが特徴で、分解も早く、雨の日にも外に置けることも嬉しい点です。

「ラク」「オシャレ」「マンションでも使える」の次世代型コンポストである

コンポストは熟成が成功していれば虫が湧くこともなく、ゴキブリも発生しませんが、初めから完璧にできるか不安ですよね。

コンポストをすることでのデメリット、メリットを知っておくことや、室内用のもの、おしゃれな外置き用のコンポストがあることを知っておくことも虫というデメリットを解決する策になります。

匂いが気になる方は、助成金対象となる本格的家庭用コンポストのナクスルもおすすめです♪

\公式サイトが一番お得/

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

【あわせて読みたい】

コンポストに入れてはダメなものはこちら>>>

LFCコンポストについてはこちら>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました