スポンサーリンク

黒砂糖は危険?デメリットや黒糖や白糖との違い、賞味期限や一日の摂取量を解説!

食べ物
スポンサーリンク

近年、精製されていない「黒いもの」に注目が集まっており、「黒砂糖」もその1つで、需要が高まっています。

そんな黒砂糖ですが、デメリットや黒糖、白糖との違いがあるのか気になるところですよね?

結論から言うと、黒砂糖には食べすぎてしまうことでのデメリットはあり、糖質過多になってしまうこと、糖尿のリスク、乳児に食べさせる際のリスクなどがあげられます。

黒糖や白糖との違いや、賞味期限、1日の適切摂取量なども解説するので、黒砂糖に対する正しい知識として参考にしていただけると嬉しいです。

こちらの黒砂糖はオーガニックでAmazonでレビュー件数500件越えの人気上昇中のおすすめ商品です♪

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon
スポンサーリンク

黒砂糖は危険?デメリットを解説!

冒頭でも黒砂糖を摂取しすぎるとデメリットがあると触れましたが、ここからはデメリットを詳しくご紹介します。

・糖質過多に注意

黒砂糖はミネラルやカリウム、鉄分が豊富なものとして白糖よりも身体にいいとされています。

そして、黒砂糖にはブロック状のものと粉末状のものがあり、どちらも黒砂糖で同じものです。

中でも、ブロック状の黒糖をおやつとしてそのまま売っているものがあり、ポリポリと食べることができます。

健康に良いからと言って、おやつにぽりぽりと食べすぎるのは糖質過多になってしまうので、注意が必要です。

・黒砂糖の中のボツリヌス菌に注意

黒砂糖はサトウキビから黒砂糖に加工する過程でボツリヌス菌が入り込むことがあります。

このボツリヌス菌は1歳未満の乳児に与えると死の危険があるため、乳児に与えてはいけない食品の1つとなっています。

十分に注意しなければなりませんね。

・料理に使いづらい

黒砂糖は風味が白砂糖と少し違うため、仕上がりの味にも少し変化があります。

また、白砂糖と違い色がついているので、お菓子作りなどには向いていません。

ただし、風味が欲しい和菓子などには向いており、仙台名物、「まんじゅう 仙台」は黒糖の和菓子として有名です。

・黒砂糖の種類によっては不純物が多く含まれる場合がある

黒砂糖には純黒糖と加工黒糖があり、加工黒糖だと、黒蜜や粗糖が含まれている場合もあります。

加工されているものではないかをきちんとチェックしなければいけませんね

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

黒砂糖と黒糖や白糖の違いを解説!

ここからは黒砂糖と黒糖、白糖の違いを解説するのですが、それぞれの違いを下記の表に記してました。

黒砂糖黒糖白糖
原料サトウキビ黒砂糖と同じサトウキビ
てんさい
砂糖の
種類
含みつ糖含みつ糖分みつ糖
カロリー100gあたり
352kcal
黒砂糖と
同じ
100gあたり
384kcal
使い方特徴を活かす料理
和菓子など
梅酒やコーヒー
黒砂糖と
同じ
クセのない甘み
料理、菓子作り
幅広く使える

表で分かるように、砂糖は含みつ糖と分みつ糖に分かれます。

サトウキビの全成分を煮詰めたものを含みつ糖といい、その代表が黒砂糖となります。

黒砂糖は粉末、黒糖は固まりのイメージがありますが、同じもので含みつ糖になります。

白砂糖は、搾り汁から糖蜜を分解した分みつ糖になります。

他にも原料が違ったり、カロリーも少し違いがあったりするので、黒砂糖と黒糖、白砂糖のそれぞれの特徴を活かして使用したいですね。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

黒砂糖の賞味期限を解説!

ここからは黒砂糖の賞味期限をご紹介します。

砂糖は通常、糖度が高くほぼ100%で、塩もそうですが、濃度が濃いので賞味期限が記載されていません。

しかし、黒砂糖は濃度が86%ほどなので、賞味期限が設定され、約4〜12ヶ月ほどが目安になっています。

さらに、黒糖は白糖よりも水分量が多く湿気にも弱いので対策なしに常温保存しておくとかびてしまう恐れがあります。

賞味期限のこと、保存方法に気を付けなければいけないことが分かりますね。

黒砂糖の一日の摂取量。食べ過ぎるとどうなるかを解説!

ここからは、黒砂糖の1日の摂取量と、食べ過ぎるとどうなるかを解説します。

黒砂糖の1日の摂取量目安はおおよそ40g程度と言われています。

粉末として料理に使い、固形の黒砂糖をおやつに食べる場合は10〜20グラム程度に抑えましょう。

黒砂糖の食べ過ぎが続いてしまうと、下記のようなリスがあがります。

・カロリー過多で太るリスクが上がる

黒砂糖は、ビタミンやミネラルが豊富と言えども、糖には変わりないので、接種のしすぎは注意しましょう。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

黒砂糖の黒蜜の作り方を解説!

ここからは黒砂糖で黒蜜を作る方法を解説します。

黒砂糖を使った黒蜜は黒砂糖と水のみで作ることができます。

黒砂糖と水は1体1の比率でもいいですし、少し濃くしたい場合は、水の量を少し減らし、黒砂糖の80%の量でも大丈夫です。

鍋に黒砂糖と水を入れ、焦がさないようにとろみが出るまで弱火で煮るだけです。

できた黒蜜はきな粉と合わせてお餅にかけてり、わらび餅やあんみつ使ったりと幅が広がりますね。

まとめ

・黒砂糖にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、食べてはいけないものではないが、食べ過ぎでのデメリットはある

カロリー過多、乳児に対して気を付けなければいけないボツリヌス菌、加工黒糖と言って黒蜜や粗糖が含まれる場合があるなどのデメリットがある

・黒砂糖と黒糖は基本的には同じものであり、白砂糖とは原料や加工方法が違う

黒砂糖と黒糖はサトウキビのみが原料になっており、含みつ糖と言われ、サトウキビの全成分を煮詰めたものになる

白砂糖はサトウキビやてんさいが原料となり、分みつ糖と言われ、煮た際の搾り汁から糖蜜を分解したものになる

・黒砂糖は糖度が86%ほどなので、4〜12ヶ月程度の賞味期限が設定されている

また、湿度に弱いので常温保存しておくとかびるおそれがある

・黒砂糖の1日の摂取量目安はおよそ40gである

・黒砂糖と水のみで簡単に黒蜜が作ることができ、色々な料理に使える

黒砂糖はビタミンやミネラルが豊富で体にいい部分もありますが、砂糖には変わりありません。

やはり過度の摂取はデメリットが発生します。

いつも使っている砂糖を白糖から黒糖に変えたい方は、デメリットがどんなものなのか、白糖とはどんな違いがあるのか、賞味期限があることなどを把握することが大切ですね。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

【あわせて読みたい】

フラクトオリゴ糖の安全性についてまとめた記事はこちら>>>

価格によるオリゴ糖の比較はこちら>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました