スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖は危険?デメリットは太るのか食品の効果やオリゴ糖との違いを解説します!

食品
スポンサーリンク

白砂糖よりも健康的な糖類として、最近よく耳にする「フラクトオリゴ糖」

そんな、フラクトオリゴ糖の危険性は、摂り過ぎたり選択を間違えてしまうと、かえって体調不良を招くこともあります。

しかし、フラクトオリゴ糖は含有量が100%に近いものを選ぶことで、副作用のリスクを避けることができます。

こちらのフラクトオリゴ糖はフラクトオリゴ糖最高純度級の約97.5%含有です♪

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

そこで今回は、フラクトオリゴ糖の効果や危険性の詳細や、フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖との違い、おすすめの商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖は危険かデメリットや副作用はあるかも紹介します!

フラクトオリゴ糖は摂り過ぎたり選択を間違えてしまうと、かえって体調不良を招く危険もあります。

以下、詳細をデメリットとメリットに分けて解説します!

デメリット

人工甘味料が使用されている場合がある

オリゴ糖使用を謳った商品の中には、人工甘味料をはじめとする添加物が使用されているものも少なくありません。

人工甘味料は、代表的なものとして

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • アセスルファムカリウム(アセスルファムK)

などが挙げられます。

これらの甘味料は砂糖の約200倍もの甘味度をもつため、使用することで甘さ控えめなオリゴ糖の甘みを補うことが可能です。

強い甘味があるにも関わらず0kcalですので、感じる糖分と体内のエネルギー量に差が生じます。

簡単に言えば、脳が「こんなに甘いのにエネルギーが入ってこないのはおかしい。もっと食べないと」と判断してしまうのです。

このメカニズムから、人工甘味料には高い中毒性があることが懸念されています。

他にも、人工甘味料には糖尿病や味覚障害につながるリスクもあると指摘されることも。

不安な方は、オリゴ糖を購入する際に成分表示を確認し、上記のような人工甘味料が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

摂り過ぎになりやすい

先ほども少し紹介しましたが、オリゴ糖は砂糖に比べて甘味度が低めです。

砂糖の甘さを100とすると、フラクトオリゴ糖の甘さは30~60程度と言われており、同量だとオリゴ糖の甘さは砂糖の約半分となります。

砂糖と同じくらいの甘さにしようとすると、オリゴ糖をたくさん使うことになり、結果摂り過ぎにつながることも。

1日の摂取目安量を超えないためには、控えめな甘さに慣れる必要があります。

体調不良を招くことも

フラクトオリゴ糖は腸内のビフィズス菌の栄養源となるため、お腹が弱い人には注意が必要です。

またオリゴ糖は消化に時間がかかる「難消化性」の食品であることから、摂り過ぎると便秘や下痢、ガスが溜まるなどの体調不良を招くこともあります。

お腹が張るような感覚や、腹痛などの症状が見られた人は、オリゴ糖の摂取を控えたり量を調整しましょう。

摂り過ぎはもちろん、体質によって適正量は異なりますので、自分に合った摂取量を見つけることをおすすめします。

野菜や果物にも含まれる天然チコリ由来で、残留農薬検査済みなのも嬉しいポイントですね♪

毎日食べ続けるとなると、少しでも体に良いものを選ぶ方が安心できます。

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

フラクトオリゴ糖は太るのか食品の効果を紹介します!

https://unsplash.com/

結論から言うと、フラクトオリゴ糖は砂糖の代わりとして上手に活用すれば、太る可能性は低いです。

砂糖1gあたり4kcalであるのに対し、オリゴ糖1gあたり2kcalですので、オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分ということになります。

日ごろから料理やスイーツで使う砂糖をオリゴ糖で代用することで、カロリーを抑えることが可能です。

ダイエット中の糖分として使用しても良いですね。

また先ほどもお伝えしたように、フラクトオリゴ糖は胃や小腸で分解されず血糖値を上げにくいという性質をもちます。

甘いものをたくさん食べると眠くなるといった経験があるかと思いますが、あれは砂糖などの精製糖がすぐに分解され、血糖値を急激に上昇させることから起こります。

フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖との違いを解説します!

最近はオリゴ糖を活用した商品が増え、スーパーの売り場を見ると様々な種類のオリゴ糖が並んでいます。

例えばこちらの「北海道てんさいオリゴ」にはオリゴ糖が含まれていますが、「フラクトオリゴ糖」が含まれている訳ではありません。

オリゴ糖には様々な種類があり、フラクトオリゴ糖はその中の1つです。

一方、てんさい糖とは甘味料の1つであり、「てんさいオリゴ糖」はてんさい糖に含まれるオリゴ糖(ラフィノース)を指します。

フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖を比較してまとめました。

フラクトオリゴ糖てんさいオリゴ糖
含まれるオリゴ糖フラクトオリゴ糖ラフィノース
特徴虫歯になりにくいビフィズス菌の
エサになりやすい
甘さ(砂糖100に対し)30~60約20
参考元:https://kawashima-ya.jp/contents/

てんさい糖は優しい甘さでミネラルを含み、甘味料の中で唯一オリゴ糖を含んでいるという特徴をもちます。

またてんさい糖に含まれているオリゴ糖ラフィノースは、オリゴ糖の中でも特にビフィズス菌のエサになりやすく腸内環境を活性化させる力が強いと言われています。

同じオリゴ糖でも種類によって甘さや効果が異なるので、ご自分の目的に合ったものを選んで

こちらは使いやすいシロップタイプで、アマゾンでは1200件以上レビュー件数があり、高評価のオリゴ糖です♪

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

フラクトオリゴ糖 100%に近いおすすめ商品を紹介します!

最近は商品名やパッケージに「オリゴ糖」と入っている商品も増えてきていますね。

しかし、中にはオリゴ糖はほんの数%しか入っておらず、ほとんどが砂糖で作られている商品も少なくありません。

オリゴ糖の成分量が少しでも多い、100%に近い商品を選ぶことがポイントとなります。

たとえばこちらの「フラクトオリゴ糖 天然チコリ由来」は、天然のチコリを100%使用して作られているフラクトオリゴ糖です。

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動します

お手頃価格でコスパも良く、参考になるレビューも多い商品です。

オリゴ糖を購入する際には、成分表示の確認を忘れずにしておくと良いですよ!

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

フラクトオリゴ糖の明治の商品を紹介します!

最近では、フラクトオリゴ糖を使ったお菓子も増えてきています。

砂糖よりも健康的で、よく手に取るという人も多いかと思います。

特に明治の「オリゴスマート」シリーズは、CMや広告もよく目にする大ヒット商品です。

砂糖の代わりに一部フラクトオリゴ糖を加えることで、おいしさと健康が調和したやさしい甘さに仕上げました。

引用元:https://www.meiji.co.jp/

個包装での箱売りや、持ち運べるパウチタイプ、ストックできる大袋のファミリーパックなど様々なシーンに合わせたスタイルで購入できます。

さらにアイスや飲料シリーズなど、幅広く展開されている商品です。

実は、私はアイスの「オリゴスマート コク深バニラ」をよく購入して食べています!

一般のバニラアイスよりもやさしい味わいで食べやすく、ロカボでもあるのでとってもお気に入りのアイスです♪

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

まとめ

以上、フラクトオリゴ糖のメリット&デメリットを解説しました。

  • フラクトオリゴ糖には人工甘味料が使われている可能性や、摂り過ぎやすいなどのデメリットがある
  • フラクトオリゴ糖のカロリーは砂糖の半分ほど
  • オリゴ糖には、フラクトオリゴ糖のほかに、てんさいオリゴ糖に含まれるラフィノースなど様々な種類がある。
  • オリゴ糖の商品は、なるべくオリゴ糖100%に近い商品を選ぶようにする

最近話題のオリゴ糖について、少しでも参考になれば幸いです。

フラクトオリゴ糖を使用した甘味料や食品は、お近くのスーパーやドラッグストアでも販売されているので、ぜひ試してみてください♪

こちらのフラクトオリゴ糖は純度約97%以上で残留農薬検査済みです♪

\ポイント最大42倍!お買い物マラソン開催中/
楽天市場

【合わせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました