スポンサーリンク

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いやオリゴ糖の種類はどれがいいか、おすすめの食べ方も解説!

食べ物
スポンサーリンク

オリゴ糖はおなかがなんだかすっきりしない人の強い味方!として有名です。

しかし、そんなオリゴ糖でも安いものや高いもの、様々ありますよね。

どうして価格が違うの?と思われる方も多いはず。

結論から言うと、値段の違いは含まれるオリゴ糖の種類と添加物の違いです!

こちらの「カイテキオリゴ」は私が現在食べているオリゴ糖です。

粉末タイプのオリゴ糖なので、ヨーグルトにそのままかけて食べるのは勿論、料理にも使えます

一番お得なのは「公式サイト」です。お試しなら定期縛りもなく、10%OFFで全額返金保証付きでお試し出来ます♪

\3分間に1個売れています/

カイテキオリゴ公式はこちら>>>

上記カイテキオリゴと使い分けてこちらのフラクトオリゴ糖も使用しています。フラクトオリゴ糖最高純度級の約97.5%含有で、残留農薬検査済みなのも嬉しいポイントです

量も沢山あるので惜しみなく使えます♪

ここからは安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違いや、オリゴ糖の種類についてと、おすすめの食べ方や商品なども一緒にご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖の違い。値段の違いの理由を解説

安いオリゴ糖と高いオリゴ糖は何が違うのかというと、含まれるオリゴ糖が違います。

安いオリゴ糖にはイソマルトオリゴ糖というものが含有していることが多いです。

イソマルトオリゴ糖は他のオリゴ糖とは違い、原料が調達しやすく、人工生成しやすいため、安く多く売られていることが多いです。

他のオリゴ糖とは違い消化性があるので他のオリゴ糖よりカロリーが高い点も特徴ですね。

さらに値段を下げる原因になっているのが人工甘味料や別の糖の添加です。

売られているものによっては、カロリーと値段を下げるために純粋なオリゴ糖以外にも人工甘味料を使っているものが多くあります。

人工甘味料は、中毒性も強くインスリンへの影響も考えられるため注意が必要ですね。

ここまでの話をまとめると

安いオリゴ糖は

・イソマルトオリゴ糖が多く含まれている
・人工甘味料が多く含まれている

ということになります。

逆に、高いオリゴ糖は人工甘味料の含有がなく、その他のオリゴ糖の含有量が多いということになりますね。

こちらの「カイテキオリゴ」は私も毎日食べているオリゴ糖で、純度の高い粉末タイプです。

シロップ状のものは純度が低いものが多いので、オリゴ糖の純度が高いものだと粉末タイプが使いやすく便利です♪

\公式サイトが一番お得です/

カイテキオリゴ公式サイトはこちら>>>

安いオリゴ糖が良い方は、こちらの最高純度級の97.5%のフラクトオリゴ糖がおすすめです。

量が沢山入っていてお得/

オリゴ糖の種類はどれがいいかご紹介!

オリゴ糖の種類は現在数十種類ほどあり、どんどん増えています。

ですので、ここでは一般的にオリゴ糖でよく使われるのは以下の表の5種類をご紹介します。

オリゴ糖の種類原料や含まれる食品主な特徴消化性の違い甘さ
フラクトオリゴ糖野菜の多くに含まれる低カロリー腸のモヤモヤに最適難消化性ほのかな甘み
大豆オリゴ糖大豆などのマメ植物耐熱、耐酸
善玉菌の増加の手助けをする
難消化性この中では一番甘い
ラフィノースビート、サトウダイコンビフィズス菌の餌になりやすい難消化性癖のない甘み
ガラクトオリゴ糖乳製品のガラクトースが主成分タンパク質の吸収・消化をサポート難消化性さらっとした甘み
イソマルトオリゴ糖発酵食品
トウモロコシ
マルトース液
耐熱、耐酸、耐腐食のため保存食として使用
カロリーが高め
消化性のものが多いこっくりとした甘み
主なオリゴ糖の種類

例えば、「お腹がモヤモヤする」「低カロリーがいいな」ということであれば、フラクトオリゴ糖を使うのがおすすめです。

私も食べているフラクトオリゴ糖はこちら↓

量が沢山入っていてお得です♪

また、効果も様々なので最近の商品ではこのいくつかのオリゴ糖を組み合わせているものも多々あります。

こちらのカイテキオリゴ」は、フラクトオリゴ糖をはじめいくつかのオリゴ糖を合わせたもので、私が上記フラクトオリゴ糖と使い分けて食べているものです。

公式サイトからだと全額返金保証付きでお試しできます♪

\リピート率98.75%/

カイテキオリゴ公式はこちら>>>

フラクトオリゴ糖とオリゴ糖の違いを比較

ここまでで、様々なオリゴ糖の種類があることが分かりましたね。

ではここからはフラクトオリゴ糖について説明していきます。

フラクトオリゴ糖はオリゴ糖と何が違うのか明確に言えば、フラクトオリゴ糖はオリゴ糖の仲間の一つといえます。

オリゴ糖とフラクトオリゴ糖の違い

フラクトオリゴ糖はショ糖を原料としています。

ニンニクや玉ねぎなどの野菜にも多く含まれているのが特徴です。

オリゴ糖のおすすめの食べ方

オリゴ糖は一緒に食べるものによって効果が変わることがないのも嬉しい特徴です。

ですので、砂糖の代用として飲み物に混ぜたり、ヨーグルトにかけて食べるのもおすすめです。

シロップタイプであれば、パンにかけたりすることもできます。

私のおすすめはオートミールのアーモンドミルクプディングです!

混ぜて焼くだけなので簡単ですよ♪

レシピはこちら>>

オリゴ糖でおすすめの商品をご紹介!

こちらではおすすめのオリゴ糖について紹介します。

オリゴ糖にはシロップタイプと粉末タイプがありますので、どちらも紹介していきますね。

【シロップタイプ】フラクトオリゴ糖

日本オリゴという会社から出ているフラクトオリゴ糖です。

特定保健用食品でもあり、100%国産のてんさい糖を使用していて品質も良いものとなっています。

液だれもしないしっかりとしたつくりで、量も多くコスパもいいので、「初めて使ってみようかな」という方にはおすすめです。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

【粉末タイプ】カイテキオリゴ

オリゴ糖を5種類配合することで、ビフィズス菌をはじめとした善玉菌のえさとしてしっかりと腸内をサポートしてくれる優れものです。

「おなかのハリが気になる」「水分補給でも改善しない…」といった方に特におすすめです。

原材料は北海道のてん菜を使用。自然派素材でオリゴ糖の純度も高いものとなっています。

何よりうれしいのは大人用だけでなく子供用もあるので、どんな世代もしっかりとサポートしてくれる優れものです。

大人用はこちら

子供用はこちら↓

まとめ

ここまでの内容でオリゴ糖について色々と分かりましたね。

・安いものは添加物とイソマルトオリゴ糖の使用が多い
・オリゴ糖の種類は自分のスタイルや体の調子に合ったものを使うのがおすすめ
・フラクトオリゴ糖はお腹の調子の強い味方
・おすすめは「カイテキオリゴ」と「フラクトオリゴ糖」

様々な特徴を持つオリゴ糖をうまく使って快適なお腹を保ちましょう♪

オリゴ糖の中でも人気のカイテキオリゴはこちら↓

安くてフラクトオリゴ糖の純度が高いものはこちら↓

【あわせて読みたい】

フラクトオリゴ糖の安全性についてはこちら>>>

てんさい糖の安全性についてはこちら>>>

きび砂糖の安全性についてはこちら>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました