PR
スポンサーリンク

眼鏡のZoffとjinsどちらが良いの?目が小さくならない眼鏡選びやブルーライトカットの口コミも紹介!

その他
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ZoffとJINSは、日本の眼鏡ブランドであり、それぞれ特徴的なデザインや機能性を備えたメガネを販売しています。

どちらが良いかは個人の好みにより、眼鏡のZoffとjinsどちらがおすすめと断定するのは難しいですが、私はZoffでブルーカットと老眼鏡の眼鏡を購入しました。

眼鏡選びは、自分の顔の形やスタイル、使用目的に合わせて選ぶことが大切ですが、目が小さくならないメガネやブルーライトカット機能を重視する場合、どちらを選ぶべきか悩んでしまうこともあるかもしれません。

本記事では、ZoffとJINSの特徴を比較し、目が小さくならないメガネの選び方や、ブルーライトカットメガネの口コミ・評判についても紹介します。

是非、自分に合った眼鏡を選ぶ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

眼鏡のzoffとjinsどちらが良いのか解説

眼鏡を購入する際に、zoffとjinsは人気のあるブランドであり、多くの人が両方を比較することがあります。しかし、どちらが良いかは、その人の好みや必要性によって異なるため、一概には言えません。以下に、それぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく説明します。

Zoffの特徴やメリット・デメリット

  • 価格帯が広く、手軽に購入できる
  • 多様なデザインやカラーバリエーションがある
  • 店舗で視力測定をしてから購入できる
  • 店舗数が多く、実際に試着してから購入できる
  • 偏光やブルーライトカットなどの機能レンズが豊富にある
  • 眼鏡の修理や調整が受けられる

jinsの特徴やメリット・デメリット

  • 高品質なレンズやフレームが多く、デザイン性に優れる
  • 視力測定のサービスがあり、個々の目の状態に合わせた眼鏡を提供できる
  • 眼鏡の修理や調整が受けられる
  • 無料で「jins PC」などのアプリを提供し、視力保護のためのアドバイスや目のトレーニングができる

以上のように、zoffとjinsはそれぞれ特徴が異なります。

価格帯やデザイン性を重視するならば、zoffが選択肢としておすすめです。

一方、眼の状態や健康面を重視するならば、jinsが適しているかもしれません。

また、どちらのブランドも、多様な顧客ニーズに応えるために、様々な種類のレンズやフレームを提供しているため、自分に合った眼鏡を選ぶことが大切です。

Zoffのブルーライトカットメガネと老眼鏡の口コミ・評判・レビュー

日中パソコンに向かう事が多く、ブルーライトカット眼鏡が気になったので、Zoffへ行って購入してきました!

私が購入したのはフレームとレンズ合わせて合計金額が6600円(税込)の物です。

Jinsも見たのですが、私の近状ではJinsよりもZoffの方が店舗が広く品ぞろえが良かったのがZoffにした決め手です。

Zoffの店舗内では子供用(キッズ用)から大人用と様々なフレームが置かれていて、デザインも多く、どれがいいか迷いましたが、最終的には価格とデザインを重視しました。

大人用で安いものだと5000円からあり、Line(ライン)でお友達申請すると初回から使える500円クーポンが貰えます。

もともと目が良い方だったのですが、最近老眼のため近場が見えにくくなったので、ブルーカット+老眼鏡もあわせて作る事になりました。

作る前にはしっかりと機械での視力検査があり、老眼もいくつかの度合いがあり私は軽い方だったのでプラス料金はかかりませんでした。

ブルーカットを入れるのも追加料金は0円だったので、追加料金一切なしで眼鏡を作りました。

Zoffのブルーカット率は約33%と約50%の2種類あります。

日常生活で長時間PCに向かっている人は50%の方が推奨されていましたが、実際に試してみると、50%の方はかなり視界が黄色くなり違和感を覚えたので33%にしました。

私が行った店舗では、定員さんは若い20代から30代くらいの方が多く、対応もとても丁寧でした。

また、無料で眼鏡ケースと眼鏡拭きも付いてきました。

眼鏡ケースは幾つか種類があり、私はハードケースを選びました。

完成後は、実際にかけてみてお店の人がしっかりチェックし、その後微調整をして渡してくれました。

休日で混んでいたこともあり、検査後にレンズを入れてメガネが完成するまでに30分くらい待ちましたが、6600円でブルーカットの眼鏡+老眼鏡が手に入ったので大満足です。

※2023年4月の情報です。

Zoffとjins安いのはどっちか解説

ZoffとJINSのどちらが安いかについては、一概に言える答えはありません。どちらが安いかは、商品やサービスによって異なります。

例えば、フレームのデザインや度付きの眼鏡にする等で費用も変わってきます。

また、ZoffとJINSは定期的にセールやキャンペーンを行っており、その時期によってはどちらが安いかが変わることもあります。

また、両社ともに、商品の購入にポイント還元や会員割引などの特典を設けているため、最終的な価格を比較する際には、これらの要素も加味する必要があります。

以上のように、ZoffとJINSのどちらが安いかは商品やサービスによって異なるため、自分が必要とする商品やサービスについて、価格や特典などを比較して検討することが大切です。

zoffで目が小さくならないメガネの選び方を紹介

フレームの形状を選ぶ

目が小さくなってしまう原因の一つとして、メガネのフレームが目を覆ってしまうことがあります。

そのため、フレームの形状を選ぶ際には、目を大きく見せることができる形状を選ぶことが重要です。

例えば、ラウンド型やキャットアイ型のフレームは、目を大きく見せる効果があります。

レンズの大きさを選ぶ
レンズの大きさも、目を小さく見せるかどうかに影響を与えます。

小さなレンズを選ぶと、目の周りが詰まった印象になり、逆に目が小さく見えてしまうことがあります。

そのため、レンズ幅が小さめのレンズを選ぶことで、目を大きく見せる効果が期待できます。

目とレンズの距離が近いものを選ぶ

目とレンズの距離があると目が小さく見える傾向があるので、まつげにかからない程度に目に近いものを選ぶのがおすすめです。

目とレンズの距離は実際に試着してみて、いくつか比較検討する事をおすすめします。

ノーズパッドの位置を調整する
ノーズパッドの位置も、目の大きさに影響を与えます。

ノーズパッドが高い位置にある場合、レンズが下がってしまい目を小さく見せてしまうことがあります。

そのため、ノーズパッドの位置を調整して、レンズが正しい位置にくるようにすることが大切です。

フレームが太めの物を選ぶ

太めのフレームを選ぶ事で、目に視線が行きやすくなるのと「デルブーフ錯覚」という錯覚が期待できます。

デルブーフ錯視は、同じサイズの円形をいくつか描いた図形の中で、中心の円の大きさが周囲の円によって異なって見えてしまう錯視の一種です。

周辺と中心の情報処理の違いによって生じる現象で、心理学の研究で重要な役割を果たしています。

以上のように、zoffで目が小さくならないメガネを選ぶためには、フレームの形状や太さ、レンズの大きさ、ノーズパッドの位置を適切に選ぶことが重要です。

眼鏡の選び方に迷った場合は、店舗スタッフに相談することもおすすめです。

Zoffのブルーライトカット眼鏡の口コミ・評判

Zoffのブルーライトカット眼鏡についての口コミ・評判は良いものが多く、その中でも多いものを私の言葉でまとめてご紹介します。

【悪い口コミ】
・ブルーライトカット効果はあるが、レンズが黄色っぽく見えるため好みが分かれる。
・値段が安いが、フレームの質感や作りがあまり良くない。
・フレームのサイズ感が合わなくて、着用時に違和感を感じる。

【良い口コミ】
・ブルーライトカット効果が実感でき、目の疲れが軽減された。
・フレームもデザイン性が高く、普段使いにもぴったり。
・コスパが良く、手軽にブルーライト対策ができるのが良い。


Zoffのブルーライトカット眼鏡は、多くの人が目の疲れを軽減する効果を実感しているという評価があります。
また、デザイン性やコストパフォーマンスにも定評がある一方、フレームの質感やサイズ感については、個人差があるようです。
口コミを参考にしながら、自分に合ったブルーライトカット眼鏡をお選び下さいね♪

ブルーライトカットメガネをzoffとjinsで比較

ZoffとJINSのブルーライトカットメガネを比較すると、以下のような点が挙げられます。

【デザイン性】

Zoffは、幅広いフレームのデザインがあり、様々なスタイルに合わせやすいとされています。
JINSは、シンプルで洗練されたデザインが特徴的で、ビジネスシーンでも使用しやすいと評価されています。


【価格】

Zoffのブルーライトカットメガネは、フレームとレンズをセットで購入することができ、価格帯は約5,000円からとなっています。

JINSのブルーライトカットメガネは、レンズとフレームをセットで購入することができ、価格帯は約7,000円からとなっています。

【ブルーライトカット効果】

Zoffのブルーライトカットメガネは、レンズに独自技術を採用しており、紫外線やブルーライトを効果的にカットするとされています。

Zoffのブルライトカット率は2種類あり、約33%と約50%となっています。

私は33%の物を購入しました。実際にZoffのブルーカットレンズをかけてみましたが、50%はかなり視界が黄色くなりました。

JINSのブルーライトカットメガネは、レンズに独自技術の「JINS SCREEN」を採用しており、ブルーライトをカット率も2種類あり、約25%、約42%カットするとされています。


【付加機能】

Zoffのブルーライトカットメガネには、UVカットや撥水加工などの機能が付加された商品もあり、高い機能性が特徴的とされています。

JINSのブルーライトカットメガネには、遠近両用や度数補正、変色レンズなどの付加機能がある商品もあり、より高度なレンズが用意されていると評価されています。

以上のように、ZoffとJINSのブルーライトカットメガネには、それぞれ特徴的な点があります。デザイン性や価格帯、ブルーライトカット効果、付加機能などを比較して、自分に合ったメガネを選ぶことが大切です。

※2023年4月の情報です。

まとめ

ZoffとJINSは、共に日本の眼鏡ブランドであり、それぞれ独自の特徴を持っています。

目が小さくならないメガネを選ぶ場合、Zoffの「Zoff smart」やJINSの「Airframe」がおすすめです。

どちらも、軽量かつフレームのサイズを選べるため、装着感が良く、目が小さくなりにくいです。

また、ブルーライトカット機能を備えたメガネを選ぶ場合、Zoffは「Zoff PC」、JINSは「JINS SCREEN」が人気があります。

口コミ・評判を見ると、どちらのブランドも高い満足度があり、特にZoff G-LENSはデザイン性と機能性の両方が高く評価されています。

ただし、ZoffはJINSよりも若干高価格帯になることが多いため、予算に合わせて選ぶ必要があります。

結論としては、どちらのブランドもブルーライトカット機能を備えたメガネを提供しており、自分に合ったフレームや機能を選ぶことが大切です。

■あわせて読みたい

クリアサングラスの記事はこちら>>>

丸メガネについてはこちら>>>

コメント